Adobe Analyticsとは

この記事は3分で読めます

★Adobe Analytics の実装


プラットフォームや組織のニーズに応じて、このコードを実装する方法がいくつかあります。
・Adobe Experience Platform Launch:Adobe Analytics を実装するための標準化されたお勧めの方法です。
・Dynamic Tag Management:Launch の前に使用されていた方法です。今後は更新されません。
・従来の JavaScript:古くから使用されている手動の方法です。
・モバイル SDK:モバイルアプ内からアドビに簡単にデータを送信する専用ライブラリです。
→あー、DTMで配信してますね。










★Adobe Analyticsの機能

・マルチチャネルデータの収集
Adobe Analyticsでは、様々な方法であらゆるソース(webサイト、電子メール、キャンペーン、webベースのキオスク、モバイルデバイス、クライアントサーバーアプリケーションおよびインターネットにアクセスできるほとんどのアプリケーション)のデータを収集できます。

・カスタム変数
webやモバイルアプリのデータを収集し、データドリブン型の意思決定に活かしたり、ビジネス目標にマッピングしたりできます。

・独自の処理ルール
アドビのサーバー側でレポート変数の処理および収集をおこなう手法と、訪問者のセグメント化ルールを定義する手法により、サイトで複雑なルールを作成しなくても、あらゆるオンラインデータをリアルタイムでセグメント化できます。

・オフラインデータの統合
CRMシステムなどの他のソースからオンラインまたはオフラインの企業データ(ロイヤルティプログラムのレベルなど)をインポートして統合し、分析用のディメンションとして追加できます。

・タグ管理
Adobe Experience Platform Launchでは、容易にタグを管理し、デジタルマーケティングシステム全体でデータを収集、配信できる革新的なツールを利用できます。

・データウェアハウスとデータフィード
記憶領域の拡張、データの再処理、レポート機能によって、データウェアハウスの顧客データを活用できます。データフィードによって、毎日または毎時間、定期的に生データをバッチ化して配信できます。

・Analytics for Audio
顧客のデジタルオーディオエクスペリエンスに対する理解を深めましょう。Analytics for Audioを使用すれば、再生されている音声コンテンツとユーザー、コンテンツ変更の理由、再生履歴などを確認できます。それにより、デジタルオーディオコンテンツのリーチを拡大したり、ユーザーの興味を最大化したりできます。

・Analytics for Video
デュレーション、停止、開始の詳細をほぼリアルタイムで取得し、動画の指標を評価したり、組み合わせて分析します。これにより、顧客の視聴習慣を理解し、高度にパーソナライズされたレコメンデーションを提示してつながりを深めたりするためのインサイトを獲得します。




・Reports & Analytics
ログインしてすぐにサイトの状況を把握できるダッシュボードを持ち、定点観測や簡単な分析ができます。
・Data Warehouse
Webアクセスのローデータを蓄積していきます。自社所有のソリューションに利用するためのローデータを抽出できます。
・Ad Hoc Analysis
問題解決や新たな発見を得るために、無制限にデータを掛け合わることで、Reports & Analyticsよりも詳細な分析ができます。
・Report Builder
Reports & Analyticsのデータを、Web画面にログインしなくても、 EXCELにデータを抜き出すことができるEXCELプラグインです。
・Data Connector
Adobe以外のソリューションと連携するために用意されたAPI連携ツールです。
・Dynamic Tag Management
Adobeソリューションを含め、Web上に散乱しているタグを一つのタグで管理できるツールです




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2021 01.05

    adobe dtm とは

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人紹介


21世紀、より良い人生を歩むための個人事業主による備忘録メモです。固定観念にとらわれず、日本や世界の深淵に触れ、自由快適な人生を歩んでいく事を大切にしています。