目線を外さないようにする方法や心理について

この記事は2分で読めます

自分用メモ。

目線を外さないようにする改善方法


相手の目は見続けなくても良い

・見続けることは、相手にとってストレスになってしまう。
・アナウンサーは時折手元の原稿を見るために下を向いているが、あれはわざと。
→顔を下に向けることで、視聴者に「ずっと見られている」ストレスを与えないようにしている。
・時折相槌を打ちながら目線を外したり、内容を整理する時に他の方を見るのが良い。

目ではない部分を見る

・眉間やまぶた、眉のあたりをぼんやりと見るのが良い。
・これは、自分が緊張しないだけでなく、相手にリラックスしてもらう上でも有効な方法。

重要なことを伝える時に目を見るようにする

・基本情報、刺激情報、未来情報などが該当。
→基本情報:相手の名前など
→刺激情報:驚くべき内容など
→未来情報:宣伝、提案、待ち合わせ日時や場所
※これらの情報は、確認の意味を込めて相手の目を見て話すようにする!

関係が希薄な人で練習する

・アナウンサーでも、いきなり大物相手にインタビューが出来るようになる訳ではない。
→彼らは最初は「街声」といって、通行人にインタビューして彼らの声を取ることで、
 人の目を見て話すことや、話してもらいたい内容を聞き出す訓練をしている。
・まずは、店員から商品を受取る時に「ありがとうございます」と伝えると良い。
→目を見て言わなくても、眉間の辺りを見て一言いえば十分。




美人と目を合わせられないのは何故?


・美人と目を合わせられないのは、自分の「自信のなさ」が原因。
→照れや緊張ではない。

・会話力を磨けば、自信を持って美人と接する事が可能。
→会話力とは、一般的な会話ではなく、
 あくまで「女性にモテるための会話」である。

・見た目を改善しても、あくまで「入り口」の段階でしか効果は発揮されない。




目線を右下と左下に反らす心理の違いについて


・目線を右下に反らす心理:過去のトラウマ
・目線を左下に反らす心理:どうしようか悩んでいる



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。