猫背になる原因とスマホ猫背を改善する方法

この記事は2分で読めます

猫背を改善するために自分用メモ。

猫背になる原因。現代人特有の悪習慣


※以下2つの現代人特有の悪習慣が、猫背になる原因として考えられる。

・長時間同じ姿勢でのデスクワーク(PC作業)
こうしたデスクワークは、肩が内側に入った
前かがみの姿勢になりやすい。この姿勢が日頃から続いていると
背骨や骨盤の歪み、筋肉の衰えの原因となり
結果として猫背になってしまう。
また、前かがみの姿勢では腹筋や背骨が緩んでしまい、筋肉は使われない。
結果として背骨を支える筋肉の衰えに繋がる。

・長時間のスマホ使用
スマホを使う時に、画面を覗き込むように首が前傾になる姿勢を取るが
この姿勢が習慣化すると、背骨や骨盤の歪み、筋肉の衰えの原因となり
結果として猫背になってしまう。(この点はPC作業と同じ)



「スマホ猫背」を確かめるための、鏡の前での姿勢チェック


鏡の前で自然に立った際、
以下の内容が2つ以上当てはまると
「スマホ猫背」になってる可能性が高い

・首が前に出ている
・肩が前に出ている
・背中が丸く傾いている
・下腹がぽっこり出ている
・骨盤が後ろに傾いている
・膝がやや前に出ている

「整った姿勢」と「スマホ猫背」の違い


・整った姿勢:
背筋は自然なS字カーブを描きながら、
耳から方、膝、かかとまで、
体の筋がスッと一直線通っている

・スマホ猫背:
背中や腰が丸く、下腹や膝が前に出て、
胸やお尻が下がった状態。
首が前に傾くことで、首のしわも出来やすくなる。

スマホ猫背にならない理想的な座り方


・後ろにもたれずに座る
・スマホを顔から30cmほど離し、目線に近い高さに上げる
・脇は軽くしめる
・スマホを持つ際は、ひじから手の甲まで一直線になるように意識する
・もう片方の手でスマホを持った腕を支える

この姿勢は「スマホ猫背」になりやすい


・スマホを座っている際、画面を凝視するために頭や肩が前に出て、
 背中や腰が丸くなり、骨盤が後ろに傾きがちになるのはNF
・こうした姿勢が習慣化していると、代謝が悪くなって太りやすくなる

・また、背骨全体を伸ばそうと力みすぎて腰を無駄に反らすと
 「頑張ってる姿勢」になり、腰や背中に負担がかかる




背伸びは頻繁にやりましょう


自分の身体が、天地の間にいるような感覚が大切。

※参考:背伸びのやり方や前提となる考え方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。