結論から話す方法やPREP法の概要、話せない原因について

この記事は2分で読めます

自分用メモ

結論から話す方法


・「一言で言うと…」と考える
・相手の質問、疑問に答える

「結論から話さないとダメだ」と毎日意識する。これが全て。


結論から話した方がいい理由
・伝わりやすい
・返事をもらいやすい
・時短になる



結論から話せない人が抱えている問題点


※報連相における「時間」と「正確性」を担保するために、結論から話す必要がある。


・補足情報や理由、概要を説明したくなってしまう
・自分の中で話をまとめられていない



「PREP法」をマスターする


PREPとは、話す順序の頭文字のこと。
以下の4つの順序で話すだけでPREP法は成立する。

・P:結論を述べる(Point)
・R:その理由を示す(Reason)
・E:詳細、事例を語る(Example)
・P:最初の結論でしめる(Point)

※2つ目のReasonは簡潔にする。長くならないように注意!



「結論から述べる」のにPREP法は有効なのか?

面接でも「聞かれたこと」に簡潔に答えるのが大事

よくPREP法が有効だと言うが、
実際にはPointに加え、ReasonまたはExampleのどちらかを
付け加えればいい。必要以上に情報を与える必要はない

質問例:昨日は何食べましたか?

回答例:カレーです(Point)

理由:
街を歩いてたらたまたま高校時代の友達に逢いました。
色々話していて、お昼になったのでせっかくの機会だという事で、
最近有名な某カレー屋さんに行きました。

すると、たまに「掘り下げ質問」が来るので、
応えられるようにする。

質問例:カレーの味はどうだったのですか?

説明:
美味しかったです。ルーとスープの混ざり具合が絶妙でした!


ただPREP法をプライベートなコミュニケーションで使うと、
あまり良い印象を与えられない可能性もあるので注意する

結論から話しても伝わらないケースもある


・ReasonやExampleが具体的である必要がある。
・伝えている内容が”Pointの言い換え”になっているケースがある。

※結論に対する”Why”に答えるのが重要!

※もし、結論がネガティブなものであれば、少し濁す工夫も求められる。






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。