コンテンツマーケティングにおけるカスタマージャーニーマップ(CJM)の活用

この記事は2分で読めます

自分用メモ

まずはコンテンツマーケティングと
カスタマージャーニーマップの概要の確認から。

※参考:コンテンツマーケティングとは?メリットデメリットや種類、成功のポイント等

コンテンツ作成よりも、ペルソナやCJM作成を


ユーザーに”刺さる”コンテンツが何なのか解析できてない
コンテンツのパフォーマンスが思わしくない時は、
このパターンである可能性がある。

この問題を議論するのであれば、ペルソナと
カスタマージャーニーマップをきちんと設定してるかが
非常に重要になる。

※参考:顧客起点マーケティング要約。N1分析とアイデアの重要性
※参考:カスタマージャーニーとは?CJMの構成内容や作り方なども解説


設定してるなら、これをもとに議論する。
設定してない、またはきちんと作ってない場合は、
この2つをきちんと作る事から始める。

最悪の場合、ゼロからスタートする場合もある。

コンテンツマップ作成の「4×2」について


ペルソナとカスタマージャーニーマップを設定したら、
コンテンツマップを作っていく。
コンテンツマップ=コンテンツ+媒体

「コンテンツ」「媒体」という2つの軸を、
「認知」「情報収集」「比較検討」「購入」
といった4つの軸に絡めて作成していく。


少なくとも8つのポイントを考える必要がある。


以下はPtengineの事例

認知
・コンテンツ:「目的別ヒートマップツールの選び方」
・媒体:ウェブサイト

情報収集
・コンテンツその1:「導入後に後悔しないヒートマップ選びチェックリスト」
・コンテンツその2:「導入FAQ」
・媒体:ウェブサイト

比較検討
・コンテンツ:導入企業インタビュー
・媒体:第一段階をウェブサイトで公開して、全文はPDFに載せる。
→DLにはメルアド等の入力が必要になる。

購入
・コンテンツその1:「操作、設定ガイド」などの動画
・コンテンツその2:導入ユーザーの声(サポートの充実感を訴える)
・媒体:動画もしくはウェブサイト


コンテンツを配信する際は、
コンテンツの役割に適したメディアや
フォーマット選ぶ必要がある。


どのメディアやフォーマットを
選ぶかについては、以下の2軸で行う。

認知から購入まで
情緒的か論理的か

※参考:媒体の性質まとめ。媒体立ち上げ前に考慮すべき事は?

コンテンツ作成からコンテンツ解析へ


ペルソナ設定から出発して、カスタマージャーニーマップから
コンテンツマップの設定へと進めば
「何故このコンテンツを作成したのか?」
という事が分からなくなる筈はない。

「なぜこのコンテンツを作ったのか」を論理的に説明できなければ、
「そのコンテンツをどう解析するべきか?」を決める事もできない。


※参考:デジタルマーケティングのデータ分析で失敗する3つのパターンとは?


「どんな指標を見ればいいのか?」
「その指標がどうなればコンテンツマーケティングは成功なのか?」

この問いに答えるためにも、
コンテンツマップの設定は不可欠と言える。



カスタマージャーニーマップにCTAやKPIを記載する


CTAについては「どこに、どのようなCTAを設置するべきなのか」
といった点を明確にする必要がある。

設置したCTAを定量的に計測する指標として、
クリック数や資料DL数といった
KPI(重要評価指標)が挙げられる。

★ポイント
・CTAやKPIは「どのような成果を得たいか」という観点から逆算して算出する。
・CTAのデザインについても検証していく。
・CTAの設置場所についてはヒートマップも活用する。
ヒートマップとは?機能や出来ないことも解説




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。