三面大黒天とは?持ってるものや力の源を解説

この記事は1分で読めます

自分用メモ

三面大黒天とは?


・インドのヒンズー教の神 マハーカーラ ご縁と福徳をもたらす神
 右:毘沙門天
 正面:大黒天
 左:弁才天

※参考:仏様の4種類と、弁財天の3分類


・マハーカーラ(摩訶迦羅)
→迦羅:
 キャラ(個性)
 カラー(特徴)

「三面」とは何か?

・三業一致
 身(行動)
 口(言葉)
 意(思考)
→3ヶ月、3年、3倍努力する

三面大黒天の2つの働き


・真髄は「三徳一致
①天徳(天・日本・世の中のために)
②地徳(地域、業界のために)
③人徳(人のために)
※参考:徳の種類や意識の範囲、積むための働き方、生き方を解説

・もう一つの働きは「人誑し


※参考:商売繁盛(人が賑わって榮える状態)を実現するには?

秘密は、背負った「袋」にあり

・袋とは、負(闇)の心

背負った袋の中は、何か?
①過去の体験、辛かった事
②立場や役割
③周囲の期待
④周りの人生
⑤未来への願い、今後どうしても実現したいこと

※負荷(プレッシャー)から逃げない

持っている「打ち出の小槌」


・欲しいものを唱えて振ると、目の前に現れる
→願望を現実化させる

★三面大黒天の力の源
・マハーカーラ
→暗黒エネルギー(ダークマター:素粒子)
 →物質化・現実化

★暗黒エネルギーを動かすには?
→意識を集中させる

★秘訣は、ハラ(腸)にあり
→微生物が
 素粒子を集める



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人紹介


21世紀、より良い人生を歩むための個人事業主による備忘録メモです。固定観念にとらわれず、日本や世界の深淵に触れ、自由快適な人生を歩んでいく事を大切にしています。