イーサリアムとは?特徴やスマートコントラクトも解説

この記事は1分で読めます

自分用メモ

イーサリアムとは?


ヴィタリックブリテン(Vitalik)によって2013年に設計が始められたプラットフォーム。
翌年にプレセールが開始され、15年頃から日本の仮想通貨取引所でも取引がスタートした

通貨としての機能もあり、プラットフォーム上で作成されたアプリを稼働する際に使用される。

スイスで設立された「イーサリアム財団」という非営利団体によって
イーサリアムプロジェクトが調達した資金は管理されている

※参考:デジタル用語の定義を簡単にまとめてみた

イーサリアムの特徴


ビットコインは「決済システム」だが、
イーサリアムは「アプリケーション作成のプラットフォーム」である

設計理念は「ブロックチェーンを利用した柔軟なアプリケーション作成プラットフォーム」

イーサリアムのブロックチェーンを利用して誰でもアプリケーションを作成できる
その為イーサリアムは「世界のコンピュータ」と比喩されることがある
イーサリアムからは日々多くのアプリケーションが生まれている

イーサリアムの機能と脆弱性


イーサリアムはビットコインよりも多くのシステム修正を行っている
このため仕方なく「ETH」とは異なる「ETC:イーサリアムクラシック」を生み出した
Augerもイーサリアムを利用したアプリケーション(仮想通貨)

スマートコントラクとは?ト


イーサリアムで作成できるテクノロジーの中に「スマートコントラクト」と呼ばれるものがある
イーサリアムの技術を利用すれば、中央など第三者機関が不要になる

イーサリアムの今後について


多くの団体がICOにおいて、イーサリアムを利用したアプリケーションを発表している
※参考:ICOとは?手順やメリットデメリット、IPOとの違いなど

大企業もイーサリアムを利用したプロジェクトの開発を進めている

しかし現状、世界中に普及しているイーサリアムアプリケーションは存在していない
イーサリアム自体の脆弱性は完全には無くなってはいない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。