Excelのマクロとは?VBAとの違いや出来ることも解説

この記事は2分で読めます

自分用メモ

随時追記していく

マクロとは何か


複雑なコンピュータの操作を自動化する技術の総称。ほとんどのOffice製品に標準装備されている。Excelでの利用方法としては、複数の手順を記録し、ボタン1つで実行することで作業を効率化できる点が挙げられる。

マクロとVBAの違い


マクロは、VBAで作成したプログラムのこと。

VBAは、MS社が提供してるVisual Basic for Applicationsの略称。
Office製品でマクロを開発するためのプログラミング言語のこと。

マクロとVBAはイコールではない。
複雑なExcelの操作を自動化するための機能がマクロ。
それを実現させるための言語がVBA。

※参考:Excelの関数とは?わかりやすく分類してみた。

マクロとは、複雑なコンピュータの操作を自動化するための技術の総称。
コンピュータの世界では広く使われている。
一般的なコンピュータ用語の1つ。

現在は、マイクロソフトのExcelに付随するマクロ機能が、
「マクロ」の代表格として有名になっているが、
「マクロ」は決して、Excelだけの機能ではない。

VBAは、マイクロソフト社が提供しているプログラム言語の名称。
VBAはExcelやAccessのものが有名だが、
その他のOfficeソフト(Word, PowerPoint)でも使える。

Excelのマクロには、以下の機能がある。
・VBAのプログラムを自動生成する機能
・VBAのプログラムを編集する機能
・VBAのプログラムを実行する機能
・マクロのセキュリティに関する機能

VBAは、こうしたマクロ(自動化)を実現するために
必要な機能の1つのプログラム言語に過ぎない。


マクロ記録&出来ること


VBAのように、コードを書かなくてもボタンを押すだけで
簡単にマクロが実行できる機能を「マクロ記録」と呼ぶ。

プログラミング知識がなくても、
自分の業務や作業を自動化して効率化する事が可能。

「マクロの記録」ボタンを押してから操作した内容が
VBAのコードとして記録され、その記録した操作を
自動的に再現するといった機能になっている。

ただし、操作が簡単なので、
できる範囲はVBAより狭くなってしまう。
VBAでは条件分岐やループ処理ができたり、関数を作れたりする一方、
マクロ記録ではオブジェクトに対する操作だけが可能。

※参考:フローチャートとは?条件分岐や繰り返しなど
※参考:オブジェクト指向とは?クラスやインスタンス等の基礎知識を解説

普段行なってる作業で、セルやワークシートなどのオブジェクトを
操作する作業があればマクロ記録で自動化するのがおススメ。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。