家具レンタルのメリットデメリットや借りれる商品

この記事は2分で読めます

自分用メモ

随時追記していく

※参考:衣食住で必要なものリスト一覧

家具レンタルとは?


家具や家電を格安でレンタルできるサービス
単身赴任や、学生の間だけ一人暮らしする場合に便利

家具は買い揃えるだけでも、最低10万円の費用がかかる
しかも処分費用がかかる:レンタルはこの点非常に格安

家具レンタルのメリットデメリット


購入とレンタルの違いを知る事で、より格安で便利に利用できる
購入した方がいい場合もあるので注意

家具レンタルのメリット

・一度に払う出費が安くなる(リース?)
・家具の処分費用がかからない
・家具を購入する手間がなくなる
・家具の設置や組み立てが不要

月額払い数千〜1万円で利用可能
再度引っ越しする際、処分費用がかからず返却だけで済む
ほとんどの家具レンタル会社は、配送後の設置や組み立ても行なってくれる

家具レンタルのデメリット

・長期間の利用は割高になる
・最低利用期間が決まっている
・地域によって配送料(数千円ほど)が発生する

「やっぱりこの家具は必要ない」と思っても、
途中で返却できない場合があるので注意する



商品セット


・電子レンジ、洗濯機、冷蔵庫
・ガステーブル、炊飯器、掃除機


・冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、液晶テレビ
・冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ


★一人暮らしでおススメ家具
・ステンレス室内干し
・掃除機(スティック)
・シングルベッド
・寝具
・布団セット
・テーブル
・デスクセット
・シングルラック
・カーテン


サイズ計測と配送日


洗濯機、冷蔵庫、電子レンジのサイズを計測する必要あり

家電3点セット レンタル:選択できる種類

→洗濯機:4;2gか7g
→冷蔵庫:80L、112L、140L、250L、370Lのどれか
→電子レンジ:単機能もしくはオーブンレンジ

各サイズごとの「縦・横・高さ」は、以下を参照
・洗濯機

・冷蔵庫

・電子レンジ


★配送日について
→日曜は無理、土曜はOK
→土曜の9時〜13時、12時〜18時を選ぶ感じ
→より厳密に枠を指定すると追加料金がかかる(結構高い)

※家の凹んでる部分(家具を入れる部分)のサイズを図るために
メジャーを購入する必要がある

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。