Google Analyticsのコンバージョンの設定や確認する方法について

この記事は1分で読めます

自分用メモ

実践の過程で追記していく

※参考:Google Analyticsとは?出来ることを5つ解説
※参考:コンバージョンの概要や具体例。直接コンバージョンと間接コンバージョンの違いは?

Google Analyticsでコンバージョンを設定する方法


新しい目標の作成
「管理」→「目標」→「新しい目標」

目標設定
「テンプレート」または「カスタム」のいずれかを選択
テンプレートにはよくあるCVが使われている
ない場合はカスタムを用いる

目標の説明
最初に「名前」に目標の名前おを打ち込む
コンバージョンにカウントされる「タイプ」には4種類がある
→到達ページ
→達成時間
→ページビュー数/スクリーンビュー数
→イベント

目標の詳細
上記で決めたタイプに応じた目標を決定する
例えば「到達ページ」を設定した場合、購入完了画面のURL設定が必要

Google Analyticsでコンバージョンを確認する方法


GAのトップ画面の左側の「コンバージョン」を選択
すると「目標」「eコマース」「マルチチャンネル」
「アトリビューション」といった4つの項目が表示される

目標
予め設定した目標の達成度合いを確認できる

eコマース
コンバージョンによって得られた収益の情報を確認できる

マルチチャネル
どのように流入してきたユーザーがCVに繋がったのかを把握できる
「オーガニック検索」「ノーリファラー」などの分類がある

アトリビューション
CVの直近の接触点だけでなく、CVに至るまでの
ユーザーとの全ての接触点を評価対象として
CVへの貢献度を評価する分析のこと


また、左側の「リアルタイム」の中には
「コンバージョン」という項目がある。
リアルタイムでのCV状況を見ることができる

https://wacul-ai.com/blog/site-improvement/method/conversion-googleanalytics/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。