Google Analyticsとは?出来ることを5つ解説

この記事は2分で読めます

自分用メモ。

出来ることについては随時深掘りしていく。

Google Analyticsとは?


Googleが無料で提供する
Webページのアクセス解析サービス。

動作形式としてはWebビーコン型と呼ばれる手法を用いており、
データ計測のためにはトラッキングコードと呼ばれる
JavaScriptのコードをページに組み込む必要がある。

集客の分析に強い一方、
コンテンツの分析に手間がかかる欠点もある。

※参考:マーケティング、集客に関する用語まとめ

Google Analyticsで出来ることを解説


・リアルタイムの利用状況
→左側の「リアルタイム」の箇所を確認する。

・ユーザーの基本属性
→左側の「オーディエンス」の箇所を確認。
→使用デバイスは「オーディエンス」→「モバイル」→「概要」で確認可能

・ユーザーの流入元
→左側の「集客」の箇所を確認。
Organic Search:自然検索
Direct:お気に入り登録やURLを直接入力など、リンク元がない訪問
Referral:他のサイトからのリンクを押して流入した訪問
Social:TwitterやFacebookなどのソーシャルメディアからの流入
Display:バナー広告をクリックして流入した訪問
Paid Search:リスティング広告からの訪問
Other Advertising:バナー広告、リスティング広告ではない広告からの訪問
Email:メールに添付されたリンクからの訪問

・サイト内でのユーザーの動き
→左側の「行動」の箇所を確認。

・Webサイトの成果達成状況
→左側の「コンバージョン」の箇所を確認。

※参考:


※参考:Google Analyticsのコンバージョンの設定や確認する方法について

各種メモ


GAは「サイトを訪れた後」にフォーカスしたツール

「サイトを訪れる前」を知りたければサチコを使う

また、特定のキーワードの推移を知りたければ、
キーワード検索順位チェックツールを使う

上記の3つの使い分けは以下の記事を参照
※参考:アフィリエイトサイトの改善やPDCAを回す考え方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。