通信費の節約と格安スマホ

この記事は2分で読めます

★スマホを格安SIMに移行して200万円分の資産所得を得る方法






格安SIMとは


今すぐ格安SIMに変えるべき理由&メリット

①日々の通信費が1台あたり5000円程度安くなる
②縛りや不要オプションがない

格安SIMのデメリットと疑問


通信速度が遅くなる?
2年縛りがあり違約金がかかる
分割払いしてる端末代が残っている
今の端末はそのまま使える?
今の番号はそのまま使える?
電話をたくさんするので通話料金が高くなる?
たくさん通信料を使うので、あまり安くならない?
格安SIMはLINEのID検索ができない?
大手キャリアのメールアドレスが使えない?
壊れた時が怖い
店頭サービスやアフターケアがないのが心配

おすすめの格安SIM

①楽天モバイル
②Ymobile
③UQモバイル、BIGLOBEモバイル

★「Rakuten UN-LIMIT」メリット・デメリット徹底解説






格安SIMと楽天モバイル

①格安SIMとは
②楽天モバイルとは

楽天モバイルは「MVNO」から「MNO」へ


・MVNO
自社回線をモ持たず、他社の通信回線を借りてサービスを提供。
格安SIMを提供してる携帯会社は基本的にMVNO

・MNO
自社回線を持ってる。ドコモ、au、SBが代表例。
楽天モバイルの新プラン「Rakuten UN-LIMIT」 は、楽天独自の回線を使用する。
(ただし、パートナーエリアではau回線を使用する)

「Rakuten UN-LIMIT」のメリット

①利用料金が1年間無料
②楽天回線エリアは完全データ使い放題
③Rakuten Linkエリアで国内電話かけ放題
④海外66ヶ国の地域でもネット・SMSが無料
⑤オンライン契約や対象商品購入で最大26,300ポイント還元

「Rakuten UN-LIMIT」のメリット

①楽天回線の対応エリアが限られている
②iPhoneは非対応機種もある
③現状、障害や通信が不安定になりやすい報告もある
④サポート体制が追いついてない

三大キャリアとの比較









  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人紹介


21世紀、より良い人生を歩むための個人事業主による備忘録メモです。固定観念にとらわれず、日本や世界の深淵に触れ、自由快適な人生を歩んでいく事を大切にしています。