JavaScriptとjQueryを書き換える

この記事は2分で読めます



CSSセレクタ

HTML/CSS操作




Node.removeChild() メソッドは、 DOM から子ノードを取り除きます。

●構文
node.removeChild(child);
→node は child の親ノードです。
→child は DOM から取り除く、子ノードです。
 取り除かれた子ノードはメモリ内に残りますが、 DOM の一部ではなくなります。


・setAttribute():特定の名前を目印に値を格納
・getAttribute();setAttributeでつけた名前を元に値を取り出す



指定の要素に新しい属性を追加します。
または指定の要素に存在する属性の値を変更します。

●構文
element.setAttribute(name, value);
→name は属性の名前を文字列で表現したものです。
→value は属性の希望する新しい値です。



Document の querySelector() メソッドは、指定されたセレクターまたはセレクターのグループに一致する、文書内の最初の Element を返します。

●構文
element = document.querySelector(selectors);
・selectors
1つまたは複数のセレクターを含む DOMString。
文書内で指定された CSS セレクターに最初に一致する要素を示す HTMLElement オブジェクト、もしくは、一致する要素がない場合は null を返します。
指定されたセレクターに一致するすべての要素のリストが必要な場合は、代わりに querySelectorAll() を使用してください。


getAttribute() は Element インターフェイスのメソッドで、要素の指定された属性の値を返します。

●構文
let attribute = element.getAttribute(attributeName);
→attribute は attributeName の値を持つ文字列です。
→attributeName は値を取得したい属性の名前です。

イベント

フォーム関連

Ajax関連

アニメーション関連

その他(コンポーネント等)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人紹介


21世紀、より良い人生を歩むための個人事業主による備忘録メモです。固定観念にとらわれず、日本や世界の深淵に触れ、自由快適な人生を歩んでいく事を大切にしています。