アルファベットや語幹、語尾で英語の感覚を掴む

この記事は2分で読めます

以下の知識をインストールしておくと、
英語学習がスムーズに進むと思われる。

マーケティングやコピーライティングにおける
ネーミングのテクニックを向上させる上で
ある種のサブリミナル効果を身に付けられるメリットもある。

ただし、アルファベットや語源だけ覚えても
英語力の向上には繋がらないので注意。

アルファベットごとの言語直感


B音:だらしなさ

K音:鋭さ、硬さ、強さ、スピード感
→これにあやかって、ヒット商品にはK音がよく登場する
(コカ・コーラ、カルピス)
→車の名前にもK音が多い
(カローラ、クラウン、カムリ、コロナ、クライスラー)

L
①長くて細いもの
(long:ひょろっと長い、line:一本の線、light:一筋の光、lever:テコ)
②外側
(liberal:自由、light-wing:左翼)

M
①ママの音、生み出す場所、縄張り感
(mother:母、marine:海、me, my, mine:自己)
②肯定的
(mate:仲間、more,much:集積・発展、meet:出会い)
※”n×n=m”というイメージ

N
①ママの音
(anan,nonno等の雑誌)
②否定語
(None, Never, Neither:否定, naked:裸の状態、necrology:死亡記事)

R
①丸っこい感じ
(roll:巻物、round:丸い、rotate:回転する、rock:石)
②内側
(royal:忠誠, rightwing:右翼)

W:水



※参考:


普遍文法の更に上の段階に、
言語直感の世界があると考えると良い。

※参考:言語における日本語の重要性や英語との違い、普遍文法の概要など

語幹で英単語を覺える


Ab:分離

Ad:接近
(Advertisement:広告)

Ana:超、めっちゃ、上げる、戻す、元の状態に仕上げる
(Aanalogy;類推、Analysis:分析、解析)

Com:共に
(Communication:伝達、communism:共産主義)

De, Dis:分離

Ex:外に

Fl:ヒラヒラ、ハラハラ

Gl-:ギラギラ、太陽にまつわる言葉と相性が良い
(Global, Glory, Glitter, Glee)

Gr-:グリグリ、グラグラ、大地に寄せた意味が多い
(Ground, Gravity, GraceStone)
※参考:グラウンディングとは?効果も解説

In:中に、上に

Logy:ロゴス、論理
(Aanalogy;類推)

Lysis:緩める
(Analysis:分析、解析)

Pre, Pro:前に

Re:再び、反対に

Sp:水がシュパーと出てくる、はじける、勢いよく広がる、スピード感
(speak:話す、sprinkle:水を撒き散らす、spread:広げる、speed:スピード)

St:じっと動かない、その場所に留まる→建物、安定、真っ直ぐ、頑丈
(stand:立つ、status:地位、standard:状態、stadium:スタジアム)

Sub:下に

Sw:スイスイ、グングン進む



語尾で英単語を覺える


-ch:引っ掛ける
(catch:捕まえる、scratch:ひっかく)

-ly:体→形容詞に付けると副詞になる
(friendly(友好的な)+ly=friendlily:友好的に)

-ment:精神→動詞に付けると名詞になる
(employ+ment=employment, manage+ment=management)

※参考:世界は言葉で溢れている。空間と時間を構成する品詞とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。