リスティング広告で抑えたいポイント&結果を出すためのテクニック

この記事は2分で読めます

自分用メモ

概要と基本とテクニック

※参考:インターネット(web)広告に関する用語まとめ

リスティング広告の概要と2つの種類について


検索エンジンのみに表示される検索連動型広告と、
Webサイトの広告枠に表示される
ディスプレイ広告(コンテンツ連動型広告)の総称。

ただし、検索連動型広告のみを「リスティング広告」と表す事もあるので、
どのような文脈で使用されているかは確認する必要がある。

※参考:インターネット(web)広告に関する用語まとめ

検索連動型広告とは?

ユーザーが検索エンジンを使用した際の検索結果に応じて表示される広告。
キーワード単位で出稿できるので「今すぐ客」を獲得する上で非常に役に立つ。
「Google広告」と「Yahooプロモーション広告」の2つが有名。

ディスプレイ広告とは?

Webサイトやアプリ上の広告枠に表示される広告のこと。
形式は画像(バナー)や動画、テキスト等がある。
検索連動型広告が顕在顧客へ焦点を当てているのに対し、
ディスプレイ広告は潜在顧客を対象としている点が大きな特徴。
「コンテンツ連動型広告」と呼ばれる事も。

※参考:ディスプレイ広告とは?分類や効果を出すために

運用において抑えたい7つのポイント


日々の入札や予算管理でチェックするポイント

・入札調整を、目標との乖離で判断する
・日予算が抑制されてないかを確認する

アカウント構成で見直すべきポイント

・獲得上位の5〜10の注力ワードを見極める
・キーワードに合わせてマッチタイプを見直してコストを節約する
・獲得に繋がっていないクエリは除外ワードに設定する
・品質スコアを最低でも7以上にする
・グルーピングを見直して運用効率を上げる



※参考:リスティングのアカウント構造や設定における考え方を解説
※参考:リスティング広告における4つのマッチタイプとは。除外キーワードも解説

すぐに結果を出す為の5つのテクニック


・クリック率を上げるには
・より良い広告文を作るには
・除外キーワードを上手に設定するには
・CVRを高めるには
・配信時間帯を上手く設定するには







  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。