ローカルSEOとは?検索結果の種類や対策方法など

この記事は1分で読めます

自分用メモ

利用する事業者や検索結果の種類、
具体的な対策方法を解説

ローカルSEOに特化した専門用語も抑えること

ローカルSEOとは?


Googleのローカル検索に特化したSEOの総称。

地名とキーワードの組み合わせで検索した場合の結果で、
1位または上位に位置づけるための対策を指す。

行う場合、「Googleマイビジネス」に登録して、
店舗情報を追加する事が必要となる。

検索キーワードとの関連性の高さや、
検索した場所から店舗までの距離の近さ、
店舗の知名度の高さ(口コミや評価の多さ)が
上位表示のカギとなっている。

地名と結びつく性質上、実店舗で営業する
ビジネスオーナーにとって重視される。

※参考:SEO関連用語まとめ

どのような事業者が利用すべきなのか?


・飲食店:居酒屋、レストラン、カフェ、ラーメン店
・教育施設:塾、カルチャーセンター、英会話、PCスクール
・医療施設:病院、眼科、耳鼻科、歯科。整骨院
・士業:弁護士、税理士
・緊急対応が必要な業態:鍵修理、水道トラブル
・地域密着型の店舗:美容院、ネイルサロン、クリーニング

ローカル検索結果のタイプ


・ローカルバンク
→地図の下にABCで表示されるやつ

・ナレッジパネル
→PCの検索結果の右上に表示されるやつ

※今後も増加する可能性がある。



ローカルSEO5つの対策方法


・Googleマイビジネスに登録する
・Googleマイビジネスに最新の詳細な情報を入力する
・ユーザーとコミュニケーションを取る
・写真を掲載する
・NAP情報(Name, Address, Phone)を統一する




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。