仕事で苦手な人との接し方や、絶対にやってはいけないこと

この記事は1分で読めます

自分用メモ

距離を置きつつ、目的を意識し、
感情的になって嫌なことはしない

※参考:ビジネスマナーの基本まとめ
※参考:職場で良好な人間関係を築く上で気を付けたい事まとめ

苦手な人に対してどう接すればいいのか


・「避ける」ことは悪いことではない
→基本的には距離を置けばいい。

・相手の言動に対する「解釈」を変えてみる
→「すぐ大声で怒鳴る」上司に関しては、”こうしたコミュニケーションなんだ”
 “指導に関する熱量が高い人なんだ”等と考えてみる。

・感情にとらわれず「本来の目的」に集中する
→その人と仲良くするのは目的ではない。
→ドライに「目的達成のために必要なこと」と割り切ることも必要

・「味方」を増やす
→周囲の人にこまめに働きかける
→自分の知識や情報、アイデアを惜しみなく皆に共有する



苦手な人に対して絶対にやってはいけないこと


・無視や冷たい態度をとる
・悪口を言う
・嫌がらせをする



嫌な同僚への9つの対処法


・認知的トリックを使って、プラス面に目を向ける
・ユーモアを忘れない
・物理的に避ける
・可能なときは、パワーを使う
・ひどい行動の証拠を集める
・ハラスメントを記録するときは、合法性を確認する
・嫌な人のように振る舞っている人と話し合う
・可能なら、仲間の同僚と手を組む
・立ち向かう


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2019 07.22

    報連相のコツ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。