ピーター・ティールの経歴や考え方、最新動向など

この記事は3分で読めます

自分用メモ

彼の動きを追う中で、
今後のトレンドが出てくるかもしれない。

ピーター・ティールの経歴


・ドイツ生まれ、アメリカ育ち
・スタンフォード大学で哲学を学ぶ
・ロースクールで法学博士を取得
・法律事務所や金融機関を経て、PayPal創業
・eBayに15億ドル(約1.500億円)で売却
・その後はファンドを初めた
・中でも「ティールフェローシップ」が有名


テック企業によ寡占と資本の集中、傲慢な姿勢を批判し、
シリコンバレーを離れロスに移転しようとしている。

エリート達と異なり、トランプを支持した。



ピーター・ティールの考え方


「競争」は、商品に差が付かなくなる
コモディティ化を生み、価格の減少によって
誰もが生き残りに苦しむようになる。


一方、独占的企業であれば利益率が高くなり、
思い切った研究開発に資金を投入できる。

独占する事が、革新的なテクノロジーを
生み続ける土壌を作っていく。


市場を独占するには、小さな市場を選択するのが大切。
小さな市場をまず支配して、徐々に大きくしていく。

※小さな市場を見つけたら、その中にいる顧客に
いかに寄り添った上で、相手を喜ばせる
プレゼントのアイデアを見つけるのも大事。

※参考:顧客起点マーケティング要約。N1分析とアイデアの重要性



支配する市場を見つけるには
隠された真実を見つけること」が大切。

そのために、以下の質問を投げかけよ。

賛成する人がほとんどいない大切な真実は何か

小さな成功で満足するのではなく、長期的な
ビジョン・計画を策定して持続的な成長をする事が重要。
試行錯誤を繰り返しながら小さく成長していく
「リーン・スタートアップ」を厳しく批判している。




賛同する人がほとんどない、
大切な真実は何だろう?

採用面接ではこの事を常に聞くとされている。




世の中のほとんどの人は
Xを信じているが、真実はXの逆である


世の中の殆どの人はgoogleが今後も世界の覇権を握ると考えているが、
実際はgoogleのシステムは限界を迎えており
ブロックチェーンに取って代わられ、googleの覇権は終わる(?)

※参考:Google後の世界とは?ジョージ・ギルダー氏の主張など




競争」とは、負け犬のする事である。

私達は「独占か競争か」という、
二者択一しかない世界観をきちんと把握できていない。

多くの人が「競争しなくては生き抜くことが出来ない」と考え
本当に大切にすべきことを見失っている。

リーンスタートアップについては懐疑的。
真に優れた会社は、しっかりと物事に取り組んで
他にはないものを提供しているビジネスである。

リーンスタートアップは多くの場合、
顧客アンケートすら取っていない。

“何か重要なポイントで”「初めて」になるのが成功の鍵。
Googleはページランク機能をつけた初めての検索エンジン。
Facebookは人々が実名で登録するようになった初めてのSNS。



ピーター・ティールのリバタリアニズム


国に依存せず、個々のプレーヤーが多様な価値を発揮することを
大事にする「リバタリアニズム」の信奉者。

この考え方をもとにPayPalを誕生させた。




最も影響を受けた本は、
『The Sovereign Individual(独立個人)』(未邦訳)

「福祉国家が崩壊したとき、どうやって生き残り、富を築くか」が副題

ニュージーランド国籍取得にあたって影響を受けた本。

「独立個人」という新たな支配階級が生まれている。

※この点は「クリエイティブクラス」と似ている。
クリエイティブクラスと問題発見能力



ピーター・ティールの最新の動向


シリコンバレーの衰退を主張

以下の領域に興味を持っている
・バイオテクノロジー
・ブロックチェーン
・仮想通貨
・大麻
・データアナリシス



ティールフェローシップの運営に携わった
ダニエル。ストラックマンとマイク・ギブソンは
1517ファンド」を設立。ティールも出資している。

その目的は、ティールフェローシップで資金援助を受けた
高校生や大学生といった若い起業家メンバーへの投資。

現代の大学に対して、卒業証書を高額で販売している点や
高額の助成金が与えられているとして、宗教改革で知られる
ルターのような立場で批判を加えている。


※参考:『起業の科学』著者が語った内容まとめ

ティールフェローシップの出資者としては、イーサリアムの
ブリテンの他、ルミナーテクノロジーズの創業者である
オースティン・ラッセルが挙げられる。

同社のプロダクトは、周辺環境認知センサーの
LiDAR(ライダー)や、AI(人工知能)を活用した
自動運転向けのソフトウェアなど。
トヨタも購買した事が話題になった。

ラッセルは、シリコンバレーが
ソフトウェアばかりに目を向け、
製造業に携わらない姿勢に不安を抱いている。


また、グアテマラにある
フランシスコ・マロキン大学(UFM)の
09年度の卒業式にティールは参加している。

この大学は、03年に世界で初めて
学内でWi-Fiを利用できる環境を整えた事で知られる。
13年には、アメリカ大陸の大学としてはじめて
ビットコインによる決済を導入している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。