PHPの基礎知識。記述や文字の認識方法も解説

この記事は2分で読めます

自分用メモ

以下の内容をまずは理解する

※参考:プログラミングの学習方法

PHPとは?HTMLやCSSとの違いも解説


PHP:コンピュータに命令するプログラミング言語
HTML:文書を書くためのマークアップ言語
CSS:文書をデザインするスタイルシート言語


ユーザーがWebページをリクエストする
するとコンピューター上でWebサーバソフト
(Apacheなど)がphpをHTMLに変換してくれる

その出力されたHTMLを取得し、ブラウザがレンダリングする
HTMLとPHPは混在している

ユーザー側がPHPを解読する必要は何もない
ユーザーの環境に左右されない
→これがサーバーサイドスクリプト言語

※参考:HTMLとは?head要素やbody要素、属性について解説
※参考:CSSの基礎知識。セレクタ、プロパティ、値とは?

PHPとサーバーサイドスクリプト言語


PHPは動的なWebページを実現するための
サーバーサイドスクリプト言語である

サーバーサイドスプリクト言語は
以下の3つを満たしてる(インタプリタ形式)

Webサーバー上で動作する
(PC上では動かない、Apacheなどで動いている)

プログラムの実行が要求される度に動作する
→ソースコードの変更が即座に反映される
(サービスを稼働したままソースコードの修正が可能になる)

サーバー上で実行され、その結果がHTMLなどに出力される
→結果を要求元へ送信する、HTMLを変更する機能を持っている

サーバーサイドスプリクト言語には
Ruby、Python、Perlなどがある
これらはHTMLと混在している


動的なウェブページ
HTMLの中にプログラムを埋め込み、ユーザーのアクションによって
HTMLが書き換わるWebページのこと
プログラミング言語を使うことで、動的なウェブページを作成できる
(ウェブページにコメント機能や買い物機能、ログイン機能などを付け加える)

静的なウェブページ
ユーザーのアクションに対して反応がないWebページ
いつ見ても同じだと言える

※参考:プログラミングの基礎知識。言語や仕組み、開発について

PHPの記述について


PHPと認識させるには、
「.php」という拡張子のファイル名にする必要がある

</php と ?>

これ括られた範囲がPHPとして認識され、要求があった場合に処理される
ファイル内が全てPHPのコードである場合は ?> を省略する事が可能

画面に表示するのはHTML、PHPはHTMLありき
PHPはユーザーに直接は届けていない
一旦はHTMLに変換している、この一手間が重要

雛形のHTMLにデータを埋め込むためにPHPを使うのが、
WebプログラミングとしてのPHPの使い方

PHPで文字を認識させるには?


PHPで文字の表示を行う際には、
echoという最初から用意されている関数がよく使われる
echoに続けて半角スペースを入れ、
実際に表示したい文字を指定している

※参考:プログラミングにおける関数とは?基礎知識を解説


PHPで文章を認識させるには、対象の文字を
シングルコーテーションで囲む必要がある
→ただし数字の場合は大丈夫なので注意する

「//」はコメントアウトと呼ばれ、プログラム的に
認識されない文字を表す、実行時には無視される

PHPを一行文書き終えたら
セミコロンを付けて文章を終わらせる
これがないと改行されない

最後に1つの処理を終わらせるため、
セミコロン(;)を記述する、よく忘れるので注意する

文字列を囲む際はシングルコーテーション又は
ダブルコーテーションのいずれかを必ず用いる
→ただし数字は囲まなくてOK

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。