Progateとは?魅力や欠点、学習の順序や心得など

この記事は3分で読めます

自分用メモ

随時追記していく

※参考:ProgateでHTML & CSSを学習
※参考:ProgateでSassを学習
※参考:ProgateでJavaScriptを学習
※参考:ProgateでjQueryを学習
※参考:ProgateでReactの学習
※参考:ProgateでPHPの学習
※参考:ProgateでPythonを学習
※参考:ProgateでSQLを学習
※参考:ProgateでCommand Lineを学習
※参考:ProgateでGitを学習


Progateとは?


Web上でプログラミングを学べる無料の学習サイト。単なる解説にとどまらず、実際にコードを打ち込む「演習」がセットになってるのが特徴。レッスンを達成することで経験値が貯まりレベルアップしていく、ゲーム感覚で学習ができる。『初心者から、創れる人を生み出す』がキャッチコピー。

※参考:クリエイティブ、プログラミング用語まとめ

Progateの5つの魅力


①スライド式なのでつまずかずに学べる

プログラミング学習サイトは「テキスト形式」「動画形式」など様々なものがある
Progateは「スライド形式」で、要点を絞ってるので分かりやすい

②レベル上げなどのゲーム性があって楽しい

自分で学習した結果がレベル形式になったり、パラメータで確認できたりする

③手を動かしながら学べる

「本とエディタの間でいちいち目線を入れ替える」
「入力したコードが合ってるのかプレビューを逐一確認する」
といった煩わしい作業が、Progateでは1つの画面でまかなえてしまう

④安いのにレッスン種類が豊富(月額980円)

プログラミングを勉強するための本は3000円近くする
これを考えると、月額980円で色々なことが勉強できると言える

⑤ステップ形式で学べる

基本的な「学習コース」の他にも「道場コース」「実践コース」といった
より本格的なコースに取り組むことができる
文法などの基礎的な部分ではなく、実践で使える知識を体系的に学ぶ事ができる

Progateの欠点


環境構築や設計、テスト、リリース、運用には触れられていない
あくまで「プログラミング」にフォーカスしたサービス
製品を作る際のその前後の工程には触れられていない

また、プログラミングが初めてという人向けなので、
早くクリアして次の教材を探すのがおススメ
教材のレベルは初心者用、プログラミングをかじった人には物足りない



おすすめの学習順序


「何もわからない段階」から始める場合

①HTML, CSS(初級編)
②JavaScript(基礎編)
③jQuery(初級編)

続いて、自分でやりたいものをある程度決める必要がある
サーバーサイドの言語にチャレンジする

④Ruby(基礎編)
⑤Rails(基礎編)

例えば上記のようなものを一通りやると良い

上記5つが出来れば、
これまでの学習した言語やフレームワークの
「中級」や「応用編」を進めていく

これが出来れば、上記5つの「道場コース」や
HTML&CSS / jQueryの「実践コース」に入る

上記のサイクルを1ヶ月でこなす
すると「全くの別人になった気分」を味わえる

※参考:プログラミングの学習方法

Progate学習における5つの心得


①意味がわからなくても進む

はじめは分からなくて当然、進めばいずれ分かってくる

②調べる癖を付ける

分からない箇所はメモってすぐに調べる
プロでも毎日調べまくっているもの

③毎日コツコツやる

毎日1時間でも30分でもやるのが大切
「週末だけ」やると、忘れて戻るためになるので効率が悪い

④目的を明確にする

「何のために、何を学ぶのか」を明確にする
「ひとまず勉強する」のはおススメできない
「これが作りたい」から始めると、必要な知識だけを調べながらやるので
効率は良いし、モチベーションも維持しやすい
※参考:モチベーションに影響を与える要因と、モチベーションを上げて維持する方法

「作りたいものがない」場合は、既存のサイトをそのまま作ると良い
特におススメなのがAppleの公式サイト、色々な技術が使われている
(スライドショー、レスポンシブメニュー、カラム切り替え、toggleするfooter)
作るだけで技術力が上がるのでおススメ


⑤完璧を求めない

「全て完璧に理解できないと進めない」と思う必要はない
時には適当にやるのも大切、一発で理解しようと思わない
反復ありきの姿勢で取り組む



備忘録メモ


①やりたい分野の教本を買って軽く読む
(まずは1週、2周目でサンプルコード、課題があれば3週目でこなす)
②Progateで学習を進める

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。