リマーケティングとは?設定方法やGDNとYDNの違いなど

この記事は3分で読めます

自分用メモ

実践する中で随時追記していきたい。

ディスプレイ広告におけるリマーケティングとは?


ディスプレイネットワーク広告の1つで、Webサイトに訪問した
ユーザーに対して繰り返し広告を配信する仕組み。

タグを設置したページを通過したユーザーが対象範囲になる。

特定のユーザーに合致した広告なので、
大勢のターゲットに向けた広告よりもCVRが高いというメリットがある。
GDNではリマーケティング、YDNではリターゲティングと呼ばれる。

※参考:インターネット(web)広告に関する用語まとめ


リマーケティングは非常に重要な配信方法である。

大枠に見るとディスプレイ広告における
「人」を軸にしたオーディエンス広告の1つだが、
実際には別のものとして認識した方がいいかも
※参考:ディスプレイ広告のターゲティングを2種類に分けて解説


Web全体から広告主のサイトにアクセスした事のあるユーザーに対してターゲティングする
クッキー情報を用いる、サイト訪問者を見込み顧客としてリスト化する
広告を表示して再訪問を促す
ユーザーは他のサイトを訪れた際に見た事のある広告を表示できる
離脱したユーザーを自サイトに引き戻す為に使う手法
※参考:アドテクノロジー(アドテク)の目的、種類、歴史まとめ


費用対効果を重要する中小企業は
検索広告とリマーケティング広告の2つだけを使う所も多い
パフォーマンスが良ければ他のターゲティング配信に比べてCPAが1/3~1/2になる事もある


具体的な獲得件数の事例はこちら、導入してなければ必ず導入すること
CVしてないユーザーや類似ユーザーにも配信できる
CVの60~70%がリマーケティングのケースもある

・ニキビケア商品:1221件のCVのうち367件がリマーケティングにより獲得
・Excelの動画教材:34件のうち21件がリマーケティングにより獲得

一般の広告主が使ってるアカウントだとリマーケティングを使ってるのは5割
代理店が入るとほぼ使用してる

※参考:ディスプレイ広告とは?分類や効果を出すために

リマーケティング広告の設定方法


タグを発行してサイトに設定する
タグは共有ライブラリから取得する、これをサイトに設置する
すると広告が配信される、多少のHTMLの知識が必要
※参考:HTMLとは?head要素やbody要素、属性について解説

リストが貯まるのを待つ
ページやサイト、リスト毎にパフォーマンスが異なるので広告グループで管理する
ある程度配信ボリュームが出てきたら、
リストを分けて広告グループ単位で管理すると分かりやすい
キャンペーンで分けるとかなり複雑になる

広告文を設置する
クリック単価と広告がはGDN広告と同じ考え方で一先ずOK

GDNとYDNの違いについて


Googleリマーケティング広告
配信可能最小リスト数100、これだけ貯まらないと広告が配信されない
発行可能タグ数制限なし、最長ターゲティング期間540日
(訪問期間は設定できる、30日のケースも多い、リストを細く分けると成果も変わってくる)
配信先:Google関連サイト、Googleのパートナーである数百万のサイト

YDNサイトリマーケティング
配信可能最小リスト数1、発行可能タグ数1、最長ターゲティング期間540日
配信先:Yahooジャパン、主要提携サイトのコンテンツページ

ダイナミックリターゲティング(Criteo)
GとYを総称して「追従型広告」と呼ぶ事もあるが、
このカテゴリで有名なのにCriteo(クリテオ)がある。
なお、Criteoは「ダイナミックリターゲティング広告」
と呼ばれていて、表示形式が異なる。


ダイナミックリターゲティング広告
リターゲティング広告の一種で、ユーザーが閲覧した商品や興味関心のあるバナー広告をシステムによって自動生成して表示するといった手法。バナーの内容をユーザーにあわせて自動で生成するリターゲティング広告と言える。ECサイトや不動産、求人サイトといった商品数が多いサイトで効果が高い傾向にある。CriteoやGDR(Google Dynamic Remarketing)が有名。

リマーケティングに関する用語まとめ


見つけ次第、随時追記していく。

類似リマーケティング

リマーケタグの情報に類似した新規ユーザーに広告表示していく機能
実際に訪問してないが同じような動きをするユーザーを狙って広告を配信する
訪問してないのでCPAは大きく変わる、Facebookだと類似リマーケティングのCV率は高い
Googleの類似リマーケティングは精度が悪いとも言われる、

動画リマーケティング

YouTubeなどの動画をみたユーザーを追跡する、バナー広告で追いかけていく
実際にはアッパークラスの人しか使わない、極めるとこうした細かい設定が出来る
動画閲覧中や動画検索中のユーザーをターゲットにする
TrueView広告を活用した配信が可能になる
ネットユーザーのリテラシーが上がってるので、
「色々な所で見る」という感覚が大事(ザイオンス効果)
※参考:動画マーケティングとは。メリットや種類、特徴を解説

GAリマーケティング

Google Analyticsを使った手法、オーガニック経由でのユーザーもターゲット出来る
「リピート2回以上のユーザー」「カート離脱したユーザー」も狙える
ここまでいけばマニアックな領域
運用型広告は改善施策の世界、契約が続く(3年以上)とこうした細かい点が求められてくる
単発で契約が切れるとマニアックな世界までは求められない
※参考:Google Analyticsとは?出来ることを5つ解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。