リベ大の税金や控除、社会保険料の動画まとめ

この記事は9分で読めます

目次

第44-1回 社会保険の仕組み【お金の勉強 初級編 】




コメント


社会保険とう大カテゴリーの中に 中カテゴリーとして医療保険、年金保険、労働保険が含まれているんですね❢ 会社員は会社に半分負担して貰っているとはいえ、かなり搾取されていますね((+_+)) ただ、扶養制度があるのはありがたいですね( ^)o(^ )

第44-2回 社会保険の仕組み【お金の勉強 初級編 】




コメント


社会保険上の扶養と所得税の扶養の違いについて、 今までしっかりと理解できていなかったので、 年収130万円と103万円によって扶養してもらう側と扶養している側の どちらが得になるのか理解できました( *´艸`)

介護保険は社会保険に含まれないのでしょうか?
介護保険料は、市町村が徴収しているので社会保険にあたると思います。下記は厚生労働省のサイトです。ご参考になりましたら…!


第48回 知る事はキミの大きな武器になる【お金の勉強 初級編 】




コメント


私の偏見ですが『国は「良き納税者を育てる」が目標で、そのために暮らしやすい環境を整えてる』と思っています。そして、そこに賢さは求めてな……。

第50回 会社員と個人事業主が手取りを増やすには?【お金の勉強 初級編 】




・会社員の税金の仕組みとは?
・住民税と所得税の支払いタイミングについて
・個人事業主の税金の仕組みとは?
・いい経費と悪い経費の使い方とは?
・バブル時代の『経費で出る』に注意!

コメント


個人事業主の主人と結婚して税金に振り回されて大変な思いをしたので税金にむっちゃ詳しくシビアになりました。確かにサラリーマンの妻だったらこんな事調べたり考えたりしなかっただろうな、と思います。

住民税が高いなと思ったら、前年度の年収によって決まっているんですね( *´艸`) 会社員は、経費がないので、控除を増やすしか、課税所得を減らすことができないんですね🙄 事業主でも経費だからといって、何でも購入していいわけではないんですね🙀

第51回 会社員の手取りを増やす控除について【お金の勉強 初級編 】




・会社員の給与所得控除とは? 00:08
・会社員に関わりが深い控除の種類 00:44
・扶養は2種類ある? 06:10
 ①所得税の扶養 06:33
 ②社会保険上の扶養 07:12

コメント


両学長の動画を拝見させていただいて、個人事業主から、合同会社、法人成りにします。両学長の動画で計算させていただいたら、かなりの節税になるなと思い、税理士先生に聞いたら、節税になりますよって、、、6年ぐらい付き合いあるのに、言ってくれてたら、、、あっ、責任自分論、自分が知らないのが悪いし、その税理士を雇ったのも自分ですね😆😆😆消費税の免税も受けれるし😻😻😻気づいただけ、良しとします。しかし、自分だったら、節税になるなら、法人成りのアドバイスぐらいはするんですけど、、、やすーい取り引き先やから、どうでもいいんでしょうね😆😆😆

昨年の時点で特別控除を受けていたので、離婚して低所得となり本来は全国の支援対策のプレミアム商品券を購入できるハズが特別控除だった故に支援が利用できなくて本当に扶養する側のメリットしかないので低所得でも離婚を考えている人は要注意です

第52回 会社員の手取りを増やす控除についてその2と源泉徴収票【お金の勉強 初級編 】




・ふるさと納税とは? 00:30
・計算の仕方 04:00
・源泉徴収票とは? 05:41
・まず自分がいくら税金を払っているのかを知ろう! 09:00

コメント


源泉徴収票。ぼったくり詐欺の参考にされる可能性あるので、やたらに人に見せないっと…_φ(・_・ 余談がめちゃ重要。

個人事業や不動産投資やって確定申告をしている場合においてもワンストップが使えますか。ふるさと納税のワンストップ
確定申告する場合はワンストップ特例は使えない^^ 無効になってしまうので注意^^

第53回 控除を増やして節税する方法まとめ【お金の勉強 初級編 】




・事業主に関わりの深い控除とは? 00:12
・会社員+事業主の場合はお得? 02:45
・まとめ 04:18

コメント


経費と控除を増やして課税所得を減らせることを知っているのと知らないのは大違いですね。

法人成りで、個人事業主の方をどう活用するか、考えています。税務調査で、追徴課税にならないように気をつけます。マイクロ法人+個人事業主を最大限に活用します。

個人の控除限度額の計算教えて欲しいです‼︎ちなみに公務員です!また住宅ローン控除を受けていて、NISAで運用して非課税枠を使っていても全く別物として考えていいのでしょうか?今、積立NISA、iDeCo、ふるさと納税をしています‼︎マイホーム購入考えているのですが住宅ローン控除とそれぞれの控除が被ってしまい無駄になってしまうのではないかと不安になったので質問させていただきました‼︎

第54回 社会保険料を安くする方法【お金の勉強 初級編 】




・社会保険料は増え続けているのに年金は減っている? 00:24
・給与から天引きされている各項目の税率とは? 02:30
・どうすれば社会保険を安く抑えられるのか? 04:48
・会社員+事業主のダブル取りの方法とは? 06:08

コメント


会社都合で間も無く無職になるのですが、これからはフルの会社勤めではなく、自分で舵を取る生き方にしたかったところ。社会保険を個人で全て払うには、かなりネックだったのです。会社員で最低限の社会保険加入条件で働いて、空いた時間に個人事業主を頑張る!きっと私が探していたスタイルはこれです。ここから不労所得への礎にする!

会社員+個人事業主が最強ですね😱

社会保険料は悪ですね(笑)会社員と事業主のダブル取りは本当に理想ですね!

個人事業主なら業種によっては国保組合があるので、そっちも検討の価値ありですね。国保組合の場合、率ではなくて定額の保険料になるので稼ぎが多い人ほどお得です。所得800万の人は国民健康保険だと80万ぐらい取られますが、国保組合だと30万行かないぐらいで済みます。あまりにお得なんで加入資格がないのに加入してる人がいて10年ぐらい前に問題になってました。今は本当にその業種で働いているのかのチェックが厳しくなってます。

個人事業主の方をメインで稼ぐのはなかなか難しいですね。大半の方は本業の方が儲かるので人を選びそう

第55回 税金から見る日本でお金持ちになる方法【お金の勉強 初級編 】




・税金をコントロールするためには? 00:16
・節税対策で海外に移住するのは正解? 02:47
・日本ではそこそこ豊かな金持ちにはなれる? 04:37
・そこそこ豊かな金持ちになる最適解は? 05:31

コメント


人生の目的をもっと詰めたいなと思いつつ、とにかく個人事業主にはならないと!と思いました^^

サラリーマン→納めてから、使える。個人事業主→使ってから、納める。衝撃が走りました。2つの顔を持てるように、少しずつ始めてみます。

企業で働く方々が、全員個人事業主または、法人にしたら、国は困るでしょうね。

第56回 青色申告と開業届けの出し方【お金の勉強 初級編 】




・確定申告の種類 00:18
・青色申告のメリットとは? 01:55
・青色申告を受けるための条件とは?03:13
・確定申告はどうすればいいの? 06:02
・おわりに 07:09

第59回 守る編まとめ【お金の勉強 初級編 】




・税金と社会保険について
・税金の計算方法
・節税対策について
・お金を守るスキルについて
・自分がどんな生き方をしたいのかを考えよう!

コメント


連帯保証人にならない。ほんとですね。私の家族もこれが原因で壊れる寸前だったな。。子どもながらに、あの時だけは心底、親と人を恨んだなぁ。

第117回 確定申告を制するものは蓄財レースを制す【お金の勉強 初級編】




コメント


確定申告は本当に大事ですね。税金を制する者は資産を制しますね!今年から米国ETFを始めようと思っておりますので、外国税額控除はやらないとですね。医療費控除も控除も10万円を超えるようでしたら行いたいですね。

ふるさと納税制度に関してですが、
今年の税制改正の内容から、
過度な返礼品~
と書いてありますので、
財務省的に、総務省の今年の改正に乗った感じですね。

総務省のふるさと納税サイトで、
適正な実施自治体に関しての目安が書いてあります。
①募集が適正
②以下のいずれの条件も満たすこと
・返礼品の返礼割合3割以下
・返礼品が地場品であること
3割…この範囲内で、地方自治体の地元品の叩き買いが横行したりしませんかねぇ…


ふるさと納税はワンストップを使わない場合でも、スマホだけで可能になりました。e-Taxで税務署に行く必要もありません。(e-taxをしたことが無い場合は、初回だけは税務署に行く必要あったかも)税金=コスト。直接税だけでなく、間接税も含めていかに搾取されているか、しっかり認識しないといけませんね。

かつて確定申告で医療費控除を受けていました。その時は薬に頼りすぎの生活でしたが、今は食事や運動により体質改善を行う事で医療費を減らし、控除対象外に。結果的に出費を抑え、自分の身体への投資にもなっていると思っています。自分への投資が効率が良いという観点では、健康への投資も当てはまるのではないかと考えています。

第8回 良い税理士・悪い税理士の見分け方と探し方【お金を”貯める”】




・税理士は当たり外れがある(結論) 00:36
・良い税理士とは? 00:54
・税理士と公認会計士の違い 02:07
・色んな税理士がいる 02:50
・こんな税理士はやめておけ! 11:00
・学長がお願いしてきた税理士 13:58
・良い税理士を見極めるポイント 17:22
・どこで探せば良い? 21:24
・まとめ 22:32

コメント


税理士事務所は「税理士の先生(所長)」ではなくほとんどが下の見習いの方や事務員見たいな方が来られます「当たり外れ」がものすごくある業種です!HPの宣伝や所長との面談で期待してら「いいかげんな担当者」又「極端に生真面目」が付けばそれまでです・・・・・

第84回 【有料級】独立のための完璧な「家計ノウハウ」を解説




https://liberaluni.com/independence-household

00:00 intro
00:20 今日の話題:独立のための完璧な財務ノウハウ・家計管理システムを解説
01:46 年収400万円のフリーランスの手取りは?
03:52 独立のための財務ノウハウ
04:24 └フリーランスにかかる税金の全体図
05:41 └2つの社会保険料
07:14 「マイクロ法人」の最適化について
13:02 └マイクロ法人でやってる事まとめ
14:50 「個人事業主」の最適化について
18:50 年収400万円フリーランスの生活実態と、年収1,000万円の場合
21:40 まとめ

コメント


内容は1回で理解出来なかったですが、この動画が無料なのが1番理解出来ない・・・。

第64回 厚生年金は入った方が得なのか?【お金の勉強 初級編】




・厚生年金は払った方が得かどうか
・厚生年金を払わないことはできるか?
・もらえる年金は減る可能性が高い。ではどうすればいいか?

コメント


いつもためになる動画ありがとうございます。
質問です!教えてください
・学長は、本動画でも厚生年金は「損する人が多いだろう」、第127回の動画でも「厚生年金はマイナス」とおっしゃってましたが、しかし、書籍では「国民年金も厚生年金も超優良な保険」(p60,61)と書かれていました。
動画の「厚生年金」は「厚生年金(国民年金を含まない)」、書籍の「厚生年金」は「厚生年金(国民年金を含む)」という認識でよろしいでしょうか?それとも考え方の変化でしょうか?
(結局厚生年金は抜けられないのでどちらにせよどうしようも無いのですが…笑)

・また国民年金についても本動画では「もらえなくなるんじゃないかなあと思っている」とおっしゃていますが、第171回の動画では「年金が破綻することは無い」とおっしゃています。これは考えの変化ということでよろしいでしょうか?

①書籍の年金について
これは、その認識の通りです。
動画では、厚生年金を「単独の制度」として評価しています。
一方で、書籍では、厚生年金を「国民年金とセット」で評価しています。

厚生年金は、制度が複雑ゆえに「評価が難しい」のは間違いありません。
厚生年金単独で評価した場合、
・会社負担分を「自分で払ったもの」と考える場合、払い損になる
・会社負担分を「自分で払ったもの」と考えない場合、払い得になる
・専業主婦の配偶者がいる場合、払い得になる
といった感じで「会社負担分の保険料をどう考えるか」「配偶者の有無」などによって結論が変わります。
このあたりの「厚生年金にまつわるなんとも言えないややこしさ」を汲みとって頂けると助かります(笑)

②国民年金について
国民年金に関しては、「将来は、今の老後世代のような水準ではもらえなくなる可能性が高い」という趣旨での発言です。
ただ、最新の年金に関する推計を見ると、この動画を収録していた時と比較して「受給水準」についてもプラス側に評価が修正されています。
そういう意味では、過去の動画は少し悲観的に伝えすぎていたかもしれません。
悩ませる表現になってしまっていて、申し訳ない(笑)

いずれにせよ、公的な年金制度は「老後の土台」としてそれほどダメなものではないという認識です。
人口減・少子高齢化により「改悪の可能性がある」ことは事実で、個人の資産形成を頑張るべしという結論は変わりませんが、公的年金は未払いでいいや!なんて結論はありえません。

リベ大の色々な動画・書籍を見て、じっくりと勉強してくれているようでとても嬉しいです。
何かあれば、また気軽に質問してきてください^^

確かに厚生年金については配偶者の有無で話はぜんぜん変わってきますね…終身年金はやはり魅力的ですよね!学生納付特例制度で猶予されていた分に関してはせっかくリベ大に出会えたので自分で運用して増やしていきたいと思っています!丁寧にご回答いただきありがとうございました。リベ大運営の皆さんもがんばってください!

年金で生活している人たちをみれば、答えは明らかです。ワシも年金で悠々自適だよ。自分の払込金額は6.5年で元が取れて、後は生涯貰い得ですね。こんな制度は民間の保険屋ではあり得ないね。若いころにロクに働きもせず、年金保険料も払わない奴が年食ってから年金が少ねーなんて文句言ってもダメだよ(^_^;)若者よ、しっかり働いて税金を納めろ(^_^;)

第127回 国民年金は入った方が得なのか?【まさかの年利○%】【お金の勉強 初級編】




・本動画を見るための参考動画 00:30
・国民年金は、リスクとリターンが見合った優良な保険商品 01:43
・国民年金の仕組み 02:25
・国民年金の損得をIRRで見ると… 05:12
・節税効果を加味した国民年金のIRR 08:33
・まとめ 11:00

コメント


国民年金がこのような利率の良い商品になる理由は国民年金の原資に保険料に加えて税金が約半分投入されているから。国民年金は高くて払えなくても未納状態にせず、免除制度を利用して年金受給資格を持っていれば、税金分取り戻せる。

以前と今とで、勤めてる会社の「厚生年金」の金額が、月5000円くらい違うので、調べたら4〜6月の給料で「厚生年金」の金額が決まるって書いてありましたね。
→自分の厚生年金の金額を要確認。

第78回 年金の追納はした方が良いか?【お金の勉強 初級編】




・年金の追納とは
・追納は義務ではない
・学長の見解
・その追納するお金を追納しない場合、どうするか?

※修正加筆
受給開始年齢について昔は60歳だったと話していますが60歳から受給出来たのは厚生年金です。国民年金は当初から65歳でした。国民年金と厚生年金の話が混ざってしまい申し訳ありません。話の本筋としては動画の考え方で変わりありません^^

コメント


新社会人です。「生きるのが不安」という曖昧な不安に追われていましたが、年金の追納の仕組みを知らなかったから不安だったみたいです。学長のおかげで、少し安心しました。1年間生きられるお金が10年以内に貯められたら、追納しようと思います。バカが投資で3%の利回りを生み出せるとは思えないので、追納を検討しておきます。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人紹介


21世紀、より良い人生を歩むための個人事業主による備忘録メモです。固定観念にとらわれず、日本や世界の深淵に触れ、自由快適な人生を歩んでいく事を大切にしています。