RPAによるWebマーケティング業務の効率化

この記事は1分で読めます

自分用メモ

随時追記していく

RPAで出来ること


PCで出来る操作を自動化してくれる
EXCELのマクロと似ているが、マクロはEXCELの中でしか自動化できない

RPAは、その範囲を超えてWeb上の情報を自動で取得してくれるようになる
ベンチマークしている企業の検索順位を定期的に取得したり、
GAの必要な指標だけを毎日取得してくれたりする

※参考:Excelのマクロとは?VBAとの違いや出来ることも解説

WebマーケティングにおけるRPA導入事例


競合ECサイトの価格情報管理
Web広告の指標管理

Webマーケティングに特化したRPAツール


・PRESCO Robo
・Webサイト運用RPA導入支援



サジェストキーワードの取得にRPAを利用する


サジェストキーワードを取得して、
EXCELに貼り付けてリストを作成するロボットを
クラウドRPAのBizte_X cobitで作る方法を解説している

まずはロボット作りをイメージする
「欲しいアウトプット」×「ロボットができること」から考える



検索結果の自動取得にRPAを利用する


対象のキーワードをGoogle検索して、
検索結果画面のスクショを撮影するロボットを
クラウドRPAのBizte_X cobitで作る方法を解説している

検索結果画面の定期的なチェックはRPAにまかせて
SEO対策業務を効率化するのが大事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。