転職後に陥るジレンマや試用期間をクリアするための心構え

この記事は3分で読めます

自分用メモ

試用期間をきちんと済ませ、
その上で自分が成し遂げたい事に向かっていく。


※参考:転職大全 キャリアと年収を確実に上げる戦略バイブルの書評

転職後に陥るジレンマ


入社して1ヶ月ほど経つと、
新しい会社の負の部分に気づき、問題点を理解するようになる

これは転職者の多くがぶち当たる壁。
ここを乗り切れるか否かが、その後の人生を決めると言っても過言ではない

会社に問題点があるのは当たり前
この「問題点」があるからこそ採用された事を忘れない

一番やってはいけないのは、前の会社と比較する事
「前の会社ではこんなことはあり得ない」
「この会社のレベルは相当低い」と文句を言うのは、
新しい会社の同僚のモチベーションを下げるだけ

ある意味「俺はあんたたちとはレベルが違う」と言ってるようなもの
こうした言葉を聞いた人は、こちらに協力する事はない

転職後1ヶ月経過すると、社内で孤立してる人も多い
理由は以下2つだが、その原因はほぼ本人にある
①激務で疲れてしまう
②期待通りの仕事が出来ていない

問題解決のために採用された以上、組織に慣れるのが大変なのは当たり前
前職と比較して文句を言うより、課題解決のために尽力した方がいい。
「ひどい」と考える現状がノーマルであれば、後はその課題を解決するだけ

ここで耐えることが出来ず、組織から孤立する人は結構多い
人生、転落するのは結構簡単なので注意する

転職は心身ともに健康な状態でないと、乗り切るのは結構厳しい

「転職は今回が最後」とは思わないこと
会社に寄り掛かる人生ではなく、
会社をリードしてる人生を送るように心掛ける
長く続けることは大切だが、組織から望まれる状態になることも大切

会社から請われる人材になれば、怖いものはない

※参考:入社1年目の心得を5つの角度から解説

新しい会社でうまくスタートを切る方法


新しい会社でうまくスタートを切る方法は、
まず周りの人に必要だと思ってもらえるようになること
そして3ヶ月以内には、何かしらの成果を出せるように意識する

①うまくいく提案の方法

・最初は今の状況をじっくり観察する(最低でも1ヶ月)
・なぜ、今の状況になったのか?経緯も含めて理解する
・その上で、改善した方がいいポイントを提案する
※参考:プレゼンの構成や流れ、提案力の磨き方や反論処理の方法について

②うまくいく仕事発見の方法

・他の人が邪魔臭くてやってない仕事を発見する
・率先して、邪魔臭い仕事をやって、信頼を得る
※参考:クリエイティブクラスと問題発見能力

③うまくいく人間関係の方法

・細書に声をかけてくる人ではなく、チーム内の本当に実力者を嗅ぎ分ける
・基本的には誰でも敬語で、低姿勢に対応する
・歓迎会に参加するのは良いが、べったりした人間関係は避ける
※参考:職場で良好な人間関係を築く上で気を付けたい事まとめ

④うまくいく信用の築き方

・最初に依頼された仕事は、どんなに大した仕事でなくても120%の答えを出す
・勤怠はとにかく遵守
・スタートダッシュは焦って急ぎすぎてはいけないし、ゆっくり過ぎてもいけない
・最低でも毎週、自分の仕事の進捗の報連相を上司に行う
・仕事のキャッチアップが遅くないかを確認し、遅いようなら早くなる方法を考える
※参考:ビジネス的信頼関係と人間的信頼関係の構築について

⑤うまくいく学習の仕方

・新しい環境では「学ぶべきこと」は沢山ある
・受身の姿勢で「教えてもらうのを待っている」ようでは評価は低いまま
・「何をどう学べばいいのか?」を成果を出してる人に聞いてみる
・会社のトップ人材を探して、仲良くなり、上手くいってる理由や方法を聞いてみる
→早く成長するためのポイントが隠されているはず
※参考:本の読み方や抽象と具体の区別。対話とアウトプットの重要性など



試用期間をクリアするための心構え


・きちんとした勤務態度を心がける
・仕事に責任感を持つ
・協調性、チームワークを重視する
・就業規則についても目を通す



試用期間で判断される内容について


・勤務成績
・勤務態度
・健康状態
・出勤率
・協調性
・書類不備



試用期間のクリアはスタートに過ぎない


試用期間をクリアするのは「ゴール」ではなく、
あくまで「スタート」に過ぎない。

今後3年、5年、10年、15年と腰を据えて働くには、
当初考えた「転職の目的」を常に思い出す事が大切。
※参考:転職の目的や中途採用において重要なこと



なので、まずは入社1年目、いや半年間が勝負だと言える。
この期間はモヤモヤを感じる時間すら自分に与えないように
とにかくガムシャラに走り続ける事が重要である。
※参考:仕事やビジネスにおける行動力の重要性


入社して1ヶ月くらい経つと、
「なんか違う・・・」と考えがちになるが、
そもそも中途採用は会社の問題解決の手段でしかないので、
不完全な点があるのは当たり前、と思っておく。
その上で自分のモチベーション管理もしっかり行う必要がある。
※参考:モチベーションに影響を与える要因と、モチベーションを上げて維持する方法


また、周囲からの評価も心掛ける。
評価は自分でするもの(自己評価)ではなく、
あくまで自分の上司からいただくもの(他者評価)である。
まずは、上司から「こいつ出来る…」といった評価される事を目指す。
そのために、まずは「姿勢のルール」を遵守する事を心掛ける。
※参考:できる社員が遵守する4条件&最重要な「姿勢のルール」とは

備忘録メモ


以下の6点をバランス良く勉強する必要がある

ビジネスマナー2つの信頼
業務内容(HTML/CSS、フロント、バック、DB、その他)
コンピュータサイエンスへの理解
自社やクライアントへの理解
営業紹介
英語学習、海外旅行、外国人との付き合い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。