私と和多志の違いは?GHQによって変えられた漢字は?

この記事は1分で読めます

自分用メモ

できるだけ旧字体を使いたい

私と和多志の違い


“という漢字には、「自分さえ良ければそれでいい」
といった価値観が埋め込まれている。個人主義的な感じ。

「私」を分類すると・・・?
→のぎへん:稲
→ム:稲を刈り取って自分のものにする
※「無」にも繋がる?


和多志“という字には、
「志を持った多くの人が集まっている」
といった意味合いがある。

“志”は「富や名声を得ること」ではない!


※「私と和多志」を考える上では、集合的無意識と
これをどう乗り越えるかを考えるのが必須になってくる。

※参考:集合的無意識とは?限界費用ゼロ社会との関係も解説

「自分」と統合意識


・自分:自ずを分ける
→自ず:全て
 そこから別れた存在が、一人ひとりという事
・「◯◯は『和多志』のモノです」:全ての存在の共有物です、という宣言

「自分」という漢字は”ワンネス”という統合意識が前提となっている
自分の「自」は”全て”を表していて、
そこから分かれた存在が”一人ひとり”という事になっている

昔の人は「自分は…」と言っていた。



旧字体まとめ


・気と氣
・体と體
・仏と佛
・伝と傳
・馬鹿と莫迦
・真と眞
・戦と戰
・学と學
・覚と覺
・栄と榮

 www.rui.jp 
るいネット - 新理論サイト
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=311104

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人紹介


21世紀、より良い人生を歩むための個人事業主による備忘録メモです。固定観念にとらわれず、日本や世界の深淵に触れ、自由快適な人生を歩んでいく事を大切にしています。