Webサービスを作るには?必要なことや具体例など

この記事は3分で読めます

自分用メモ

随時追記していく

※参考:ポートフォリオのジャンルや制作過程、注意点や必要な機能

Webサービスを作るのに必要な3つのこと


「Webサービスの開発には何から始めればいいか」
この疑問について解説していく

①作りたいWebサービスのアイデア

・何かしらの問題を解決必要がある
クリエイティブクラスと問題発見能力

・競合調査も必要
マーケティングリサーチの要点まとめ

②作りたいWebサービスに必要な技術的知識

・以下の3つを行う必要がある
→何のプログラミング言語を学ぶのか決める
→何のフレームワークを学ぶのか決める
→学習を進める

※参考:プログラミングの学習方法

③本気でWebサービスを作りたいという気持ち

・ゼロから開発してリリースするには時間がかかる
→早くても2ヶ月、大規模なものだと6ヶ月以上

・モチベーションを保つには、SNSで発信してフィードバックを貰うのもいい
・サービスを通して価値提供を行うマインドも大切
セルフイメージの重要性やコンフォートゾーンとの関係について



具体例


1.ノンプログラマーが3ヶ月でWebサービスを作ってみた|Qiita
2.ド素人が完全自作SNSを作ってみてわかったこと。
3.新卒マークアップエンジニアが、趣味でiOS アプリ を半年で「11個」リリースした話
4.事務職リーマンがwebサービスを作ってみた話
5.ゆとり世代の文系でも一人でWebサービスを作ってみました|Monosy
6.C言語すら知らなかった私が2ヶ月でiPhone アプリ をリリースするまでにやった事。
7.Javaすら知らなかった私が5日間で Android アプリ をリリースするためにやったこと。
8.Webサービスを作ってみた!僕の10ステップ|maeharin log
9.素人がWebサービスを作ってみて分かった9つのこと|@IT
10.初心者の普通の大学生が、1ヶ月ちょっとでiPhoneアプリをリリースするまでにやった事。
11. プログラム 初心者がwebサービスをリリース|カズワヤblog
12.素人がRuby on Railsを勉強してWEBサービスを作るまで|rokurofire
13.【Webサイト制作】独学素人がjQueryで、ドラクエ画面を作ってみた
14.Webデザイナーだけど初めてのiPhone アプリ を7日間で開発した手順と利用 ツール
15.素人がWEBサービス(WEB アプリ )を一人で開発しリリースする方法
16.ド素人のデブでも出来た!超初心者がUnityでクソゲー作ってみた
17.Webデザイナーが独学でWebサービスを作って公開するまで
18.はじめてのWebサービスをつくってみた|Give it a shot
19.【3ヶ月編】プログラミング完全初心者が最初にやったことまとめ【その1】
20.個人でWebサービスを立ち上げました。サービススタートまで



独学プログラマーのためのAIアプリ開発がわかる本


Webサービス開発の流れについて解説
「こういう感覚で進めるんだ」と分かるのが目標かな

独学文系プログラマーでもAIアプリは作れる

Daiは、3ヶ月で10万人のユーザーが登録した
AIアプリ「文字起こし君」を作った

作者は文系卒で、プログラミングは趣味でやってる
いわゆる独学のプログラマー
卒業後はIT企業で品質保証というバグを報告する仕事をやってた

文字起こし君は、新卒入社の会社で
プライベートでアプリを作成してる時に作った
Twitterで公開したら5万RTされ、ユーザー数も10万人を突破
ツイート経由でAIベンチャーに転職した

本書の対象者

著書は、プログラミングの基礎は勉強したけど
アプリは作った事がない人をターゲットに書いた

個人で趣味でアプリを作るのは最低限の知識があればOK
ただ仕事で活かすなら、環境構築やインフラの知識、
保守性の高いコードを書くスキルが必要:習得には時間かかる

しかし初心者が最初のアプリを作るのには時間は必要ない
環境構築が不要な「Google Apps Script」を使う
プログラミングも簡単なJSが分かればOK

身の回りの課題を見つけ、需要を調査する

何よりも、身の回りの課題を見つけるのが大切
課題を解決」を開発のモチベーションにする

※参考:クリエイティブクラスと問題発見能力
※参考:自分にとっての顧客とは?方向付けをする5つの質問など

続いて、自分の課題に共感してくれるか(需要)を調査する
自分自身が課題だと思っても、他の人がそう思うとは限らない

※参考:ビジネスの種類やニーズとウォンツの違い、個人が進出してはいけない領域など

アプリを作る前にヒアリングする
「こういうものがあったら使ってみたい?」と聞いてみたり、
実際に紙にアプリの絵を描いて、
「こんな感じのものを作る予定なんだけど、どうだろう?」
と知り合いやTwitterのフォロワーに聞いて、
リアクションを見てからアプリの作成に取り掛かるのがいい

※参考:顧客起点マーケティング要約。N1分析とアイデアの重要性

お金を払ってでも使いたい、と言ってくれる人がいたらチャンス

課題を解くための実装方法を調べる

需要を検証できたら、課題を解くために
どのような実装をすればいいかを考える
ある課題を解くための実装方法は、たいてい複数ある

例えば「写真を撮ったら文字起こしをしてくれるアプリ」の場合、
以下の選択肢がある

・Android、iOSアプリ(スマホアプリ)で
画像を送信したら、文字起こしされるようなアプリ

・Web上で画像を送信すると、
文字起こしがされてテキストが出てくるWebアプリ

・LINE上で画像を送信すると、
文字起こしがされてテキストが出てくるLINEアプリ

「この中からどの選択肢を採るべきか」の決め手は、
ユーザーが利用する場面を想定する事にある(UX?)
※参考:UXとカスタマージャーニーの違いやユーザーエクスペリエンスの解説



備忘録メモ


グロースハックについても確認しておくべき
※参考:グロースハッカーとは?資質やスキル、専門用語など解説

まずはHTMLとPHPだけで簡単な掲示板を作るのもあり
※参考:HTMLやPHPで掲示板を作る方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。