Webサービスのテーブル設計について

この記事は2分で読めます

自分用メモ

「Webサービス テーブル設計」で調べてみる

※参考:ウェブカツWebサービス部

DBの基礎知識


①DB

上記の画像の左にある「kyabahaken」など
例えるなら本棚。

②テーブル

「kyabahaken」の下にある「anken」や「ankenrireki」
「tenpo」「tenpo_favo」「tenpo_ng」「users」「users_favo」のこと。
例えるなら顧客台帳。名前や生年月日、住所などの情報が詰まってるファイルを
「本棚」であるDBにしまうイメージ。

③カラム

例えるなら顧客台帳の項目。
歯医者の顧客台帳の場合は、氏名、年齢、住所、前回の診療内容など。
縦の列を表してる。

④レコード

例えるなら顧客台帳にのってる、個々人の情報。
カラムに乗ってる情報が氏名、年齢、住所、電話番号だとしたら
「早乙女乱馬 17 東京都練馬区◯◯町1-1-1 090-111-111」みたいな感じ。
横の行を表してる。


※参考:データベース(DB)とは?CRUDやSQL、作成方法も解説
※参考:リレーショナルデータベース(RDB)とは?四大命令や主キー外部キーも解説

テーブルの具体例


キャバクラの派遣サービスの場合は、
以下の3つが関わってくるので
これらを軸にテーブルを作る必要がある。

・ユーザー(女の子)
・店舗(キャバクラ)
・案件

例えば、以下のテーブルを作成する。

users(女の子)

ユーザーID
名前
生年月日
電話番号
住所
最寄り駅
メールアドレス
パスワード

anken(案件)

案件ID
店舗ID
ユーザーID
日にち
募集人数
時給
勤務開始時間
備考

tenpo(店舗)

店舗ID
店舗名
店舗代表者
メールアドレス
パスワード
電話番号
住所
最寄り駅
業種
ヘアメイク
派遣到着時間
派遣到着時間2回目
税金
厚生費
貸衣装
送迎代
送迎範囲
年齢確認書類
注意事項

anken_rireki(シフト履歴)

シフトID
案件ID
ユーザーID

user_favo(ユーザーお気に入り)

ユーザーID
店舗ID

tenpo_favo(店舗お気に入り)

ユーザーID

tenpo_NG(店舗NGリスト)

ユーザーID

テーブル作成時のお決まりカラム

なお、各テーブルの最後のカラム3つは、
以下の3つを「お決まり」として入れる必要がある。

・delete_flg(会員と非会員をフラグ分けできる)
・create_date(レコード作成日)
・update_date(レコード更新日)



備忘録メモ


マッチングサービス」を作るならどうなるだろ?
フリマ:買い手、商品、売り手
キャバ派遣:女の子、案件、店舗

何かを軸に、二人の人が仲介を行なってる感じ。

自分が「仲介サービス」を作るとしたら?
※参考:ポートフォリオのジャンルや制作過程、注意点や必要な機能


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。