Webプロデューサーとは?制作フローも解説

この記事は2分で読めます

自分用メモ

ここで挙げた用語の定義は抑えておく必要がある。

※参考:マーケティング、集客、Webに関する用語まとめ

Webプロデューサーとは?


Webビジネスにおけるプロジェクトの企画・制作から
顧客折衝、予算管理、運営といった上流から下流までの
フロー全体を把握し、統括を担う責任者のこと。

クライアントと折衝する機会が多く、
先方の予算と自社が提供できるサービスの
バランスを考えながら、適切な提案を出すのが大事。

業務範囲としては「企画・統括」に焦点が置かれている点が多く、
「制作・管理」が中心となってくるWebディレクターと異なると言えるが、
両者の違いがそこまでないケースも多い。

※参考:Webディレクターとは?必要スキルやKPI、KGIとの向き合い方

Web制作の運用フローについて


まずはクライアントの要件を聞く
続いて、それをどうするかの戦略を立てる
サイトの設計をする
実際に開発をしていく

このようにタスクを細かく分解する事の意義としては
クリエイティブで属人的で定型化できない仕事に
より多くの時間を割くことを実現できる点が挙げられる。

この点は、働き方の改善にも繋がる。



プロジェクト要件定義

・プロジェクトゴールの設定
・KGI設計
・プロジェクトスコープの定義
・制作、開発仕様の定義
・スケジュール策定
・プロジェクトルールの定義
・プロジェクト体制の構築

戦略

・ビジネスロードマップの整理
・マーケットリサーチ
・データ分析
・ターゲット定義
・課題抽出
・マーケティング戦略立案、策定
・KPI設計
※参考:マーケティングリサーチの要点まとめ

設計

・ペルソナ設計
・コミュニケーションシナリオ策定
・構造、導線設計
・画面設計(ワイヤーフレーム)
・コンテンツプランニング
・ビジョンコンセプト策定
・マークアップ設計
※参考:ペルソナとは?設定する理由や具体的な手順
※参考:カスタマージャーニーとは?CJMの構成内容や作り方なども解説

開発

・プロトタイプ検証
・ビジュアルデザイン
・HTML、CSSコーディング
・システム設計
・プログラム実装(JavaScript実装、CMS実装)
・テスト検証、公開作業
・ガイドラインの作成
※参考:プログラミングの学習方法


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。