WordPressのバックアップにおける考え方や方法

この記事は1分で読めます

WordPressのバックアップの考え方
以下の4つをバックアップで取ることになる

・テーマ
・画像
・プラグイン
・データベース

これらをしっかり取っておけば、最悪全てを失ったとしても
ほとんど元通りに復活できるはず

なおテーマを、画像、プラグインは
「wp-content」というディレクトリ(フォルダ)の中に入ってる

データベースだけは、離れた場所に保管されており
また保存の仕方も他3つとは少し違う

重さとしてはテーマとデータベースは比較的軽い
ただデータベースは記事次第で変わる

プラグインはインストールしたもの次第なので何とも言えない

最も重いのが画像、これを頻繁にバックアップしていたら、
それだけでサーバーの転送量がとんでもない事になってしまう


(2)テーマをカスタマイズする時のバックアップの取り方

①カスタマイズはFTPソフトで
②カスタマイズ前にテーマファイルをまるごとPCに保存する
③テーマを更新する時にも上記のバックアップを取る
④できれば編集前にそのファイルをバックアップする


(3)プラグイン更新時のバックアップ
プラグインのファイルが書き換わることで、エラーが生じてしまう事がある

出来れば、WordPress全体のバックアップを取っておくのが望ましい


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。