WordPressの親テーマ子テーマの違いについて解説

この記事は1分で読めます

自分用メモ

随時追記していく

WordPress親テーマと子テーマの違い


親テーマ:
既存のWordPressテーマ

子テーマ:
親テーマに属し、機能とスタイルを引き継いだ上で編集するためのテーマ

「親テーマを直接カスタマイズ」してもダメな訳ではないが、
以下のような難点がある

※参考:WordPressでWeb制作をする時の手順まとめ

親テーマをカスタマイズしてはいけない理由


WordPressの親テーマは、機能などが追加されるとアップデートを行う
公式テーマは自動でアップデートが行われる

親テーマは、アップデートが行われると、
以前施していたカスタマイズが問答無用で上書きされ
以前行ったカスタマイズがなかった事になってしまう

「カスタマイズしたけど、テーマをアップデートしたら元に戻った」
これは、親テーマをそのまま使っていた為起きたことである

親テーマをカスタマイズすることは基本的に
「次のアップデートまでしか効果がない期間限定のもの」になってしまう

子テーマにカスタマイズを施すと?


子テーマにカスタマイズを施すことで、
子テーマ側で行われた変更(カスタマイズ)は、
テーマがアップデートされても確実に保持される

子テーマに施したカスタマイズは、親テーマが何度アップデートされても
変更した部分は必ず残ることが保証されている



親テーマおよび子テーマの設定方法


まず最初に親テーマと子テーマの両方をインストールする
親テーマが無ければ子テーマは機能しない

両方インストールしたら、子テーマを有効化する
すると子テーマが自動で親テーマの内容を読み取ってくれる


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。