WordPressテンプレートDiverの概要とおすすめプラグインについて

この記事は2分で読めます

自分用メモ

随時追記していく
※参考:アフィリエイトに役立つ教材やWordPressテーマ、ツール一覧

DIVERのメリット


・カスタマイズ無しで良いデザインになる
・カスタマイズが簡単
・入力補助で記事書きがスムーズ
・共通コンテンツ(=一元管理タグ)でタグ管理ができる
・複数サイトで使い回せる

DIVERのデメリット


・粗さと不具合がある
・サポートが手厚くない
・カスタマイズ情報が少ない:ただし、カスタマイズせずに使えるのはメリット

テンプレートを使いこなす難易度について


・DIVERとJINは初心者向き
・アフィンガーは中級者向き
・賢威は上級者向き



Diverとプラグイン概要


このテーマには、予めプラグインを沢山入れなくてもいいように
デフォルトで色々な機能が付いてるし、
アップデートする度に新たな機能が追加されている

※アップデートされる事を想定して、子テーマを有効化しておくこと!
WordPressの親テーマ子テーマの違いについて解説

プラグインは20個以上入れるとサイトが重くなり
SEO的にも良くないので、15個くらいに抑えるのが無難

※参考:WordPressプラグインの設定方法やおすすめを解説



Diverの推奨プラグインについて


・WebSub/PubSubHubbub
・Google XML Sitemaps

Diverの非推奨プラグインについて


・no self pingback
・AMP



その他オススメプラグインについて


・Akismet Anti-Spam (アンチスパム)
・Contact Form 7
・Flamingo
・PS Auto Sitemap
・Table of Contents Plus
・UpdraftPlus – Backup/Restore

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。