YouTubeマーケティングの方法やYouTuberを起用するメリットデメリット

この記事は1分で読めます

自分用メモ

随時追記していく

※参考:動画マーケティングとは。メリットや種類、特徴を解説
企業がYouTubeを活用する3つの方法

YouTubeは、アメリカでは既に
ケーブルテレビを越える視聴率になっている

現在1分間にアップデートされる動画は24時間を越えている

①YouTubeに広告を出稿する

YouTubeのトップページを1日1社買い切りで出稿する
「マストヘッド広告」というものがある
イベントや新商品ローンチなどの大規模なブランディングを構築する場合をはじめ、
リーチ拡大や購買促進といった利用目的に応じて、
効果的なキャンペーンを設定する必要があり、
そのためには知識と経験が求められる

②YouTubeでチャンネルを運用する

自社ブランドの専門チャンネルを開設し、
商品紹介の動画やドキュメンタリー動画などを定期的に投稿する事で、
ブランディングの確立や購買アクションに繋げるというもの
サムネイルの整理や再生リストの作成など、
チャンネルの最適化を徹底して行わなければファンの創出には繋がらない
チャンネル運営のノウハウを持った専任スタッフの用意が必要

③YouTuberと協業する

有名YouTuberが自分のチャンネルで公開したタイアップ動画であれば、
チャンネルに登録してる多くのファンにリーチする事が可能



YouTuberマーケティングのメリット


①半永久的に動画が残る
②広告ではないのでユーザーに見てもらいやすい
③売上アップに繋がる

YouTuberマーケティングのデメリット


①無形商材は相性が良くない
②ブランドイメージにそぐわない可能性がある

https://video-academy.jp/blog/video-marketing-course/video-marketing-cat05/4614/

備忘録メモ


まずは安価で出来る方法から実践していく

一方、予算の大きさにビビってはNG

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。